多層型粘性せん断ダンパー

お問い合わせ   プリント

ズーム
MSDは、高粘度の粘性体の粘性せん断抵抗力を利用した制振装置です。小型で大容量の抵抗力を得るため、粘性体を充填した粘性体容器に粘性せん断面を多層構造にした抵抗板(固定板・可動板)を挿入しています。

箱型コンパクトデザイン
MSDはコンパクトな箱型のため、特別な設置スペースを設けなくて済み、空間設計の自由度が広がります。

幅広い振動減衰効果
風などの揺れから、大地震の激しい揺れまで幅広い振動減衰効果が得られます。

幅広い設計範囲
建物の規模や制振性能に応じて、装置の特性を自由に設計できます

優れた耐久性
粘性体は、耐久性が高く経年変化を起こさず、メンテナンスの必要がありません。